キハダマグロのキャスティングに初挑戦初キャッチ!at三重県熊野灘

2020年の7月三重県の熊野へキハダマグロのキャスティングゲームに誘っていただき初挑戦してきました。

お世話になったのは熊野の正丸(第十八正丸)さん。男前の優しい船長でした。
実は自分キハダどころか、ヒラマサ等も大型の魚をオフショアのキャスティングゲームで釣ったことがありませんでした。初めてするオフショアのビッグゲームにビビっておりましたが、釣行日までにキャスト、ファイトの練習をした甲斐もあり、初挑戦にも関わらず、無事にキャッチできましたので記事にさせていただきます。

同船者の大判カツオからスタート

出港してから2時間近く船を走らせてポイントに到着。船長曰く、カツオとキハダの混在ナブラの様です。
全員でキャスト開始、最初に竿を曲げたのは、トレジャールアーズのAさんでした。

同行者が釣った8キロのカツオ。

同船者が釣った8キロのカツオ。

上がってきたのは8キロオーバーのカツオ。俗にいう大判カツオという奴ですね。キハダ用のタックルなので、すぐに上がっていました。

他にも釣れるかと思いきや、このナブラではこの一本のみ。次のナブラを船長が探してくれます。

まさかのキハダのバイト!そして同行者が1本目のキハダをキャッチ

すぐに次のナブラが見つかり、カツオが頭を出しているのが見えました。
ここまで来たのだからボウズはイヤと思っていた自分は、とりあえずカツオを釣ろうとPE3号タックルに持ち替えてスキッピング用に持ってきたシマノのマンマサーディンをキャスト。
するとその数投目、キハダが後ろからズバーン!!
一瞬重みが乗るもフックアップしませんでした。同船者に聞くと30キロクラスのキハダとのこと。それを聞いてライトタックルに掛からなくて良かったと本気で思いましたw
船長にいつキハダが出てくるかわからんからライトタックルはダメと怒られましたw

キハダのバイトを見てみんなのテンションが上り、キャストを続けていると、同じく初挑戦の青乱のYさんのルアーにバッコーン!するも乗らず、ガッカリしているとまた違う魚が船際で追い食いバイト!
間近でキハダのバイトシーンを見れてめちゃくちゃ興奮しました。

青乱Yさんのキハダとのファイト

青乱Yさんのキハダとのファイト

船の下まで寄せてくるもなかなか上がらず、交代で1時間近くファイトしてついにキャッチ。

青乱Yさんがキャッチしたキハダマグロ42キロ

青乱Yさんがキャッチしたキハダマグロ42キロ

上がってきたのは42キロのキハダ!

初めてキハダのファイトシーンを見ましたが、想像以上に壮絶で、もはや罰ゲームの様にも見えましたw
と同時に初挑戦でも全然釣れる可能性はあるということがわかり、勇気つけられました。

クジラ付きでキハダのトリプルヒット!

1本上げて士気が上がってきたところで、他のナブラを探します。
するとクジラを発見。ナブラでは無いですが、鳥山ができており、いい雰囲気。

鳥山へ向かってポッパーをキャスティング。
ポコ、ポコ、ポコ…バコーン!
キハダが自分のルアーにバイト!今度は乗った!
そして同じタイミングで他の2人もヒット!

キハダのトリプルヒット!

キハダのトリプルヒット!

まさかのキハダのトリプルヒット!めちゃくちゃいい鳥山でした。
先ほど見ていた地獄の1時間ファイトが始まると思っていましたが、なぜか僕がかけたマグロは全然引かず、ドラグもほとんど出ません。
もしかするとカツオ?と思いながらファイトしていると数分で船下まで寄ってきました。ちゃんとキハダですw
走られてしんどくなる前にすぐに浮かせてきて、船長にギャフを打ってもらい無事にキャッチ!

自身初のキハダマグロは35キロ!

ファイト中は必死でしたが、船に上げてからじわじわと嬉しさが込み上げてきましたw

人生初キハダマグロ!

人生初キハダマグロ!

初のキハダマグロ!重さは35キロでした!
ファイト時間はヒット後すぐに同船者が録ってくれていた動画で3分ちょっとなので、長めに見て5分程度でしょうか。
ファイト練習をした甲斐がありましたw
ちなみに後ろでは同じタイミングでヒットしたO君がまだファイト中ですw

ヒットルアーはディークローのビーコン140

ヒットルアーはディークローのビーコン140

ヒットルアーはディークローのビーコン140でした。14センチクラスながら、飛距離が出て、非常に扱いやすかったです。

残りの二人もキャッチし、トリプルキャッチ

続いてAさんもすぐにキャッチ。

Aさんがキャッチしたキハダマグロ

Aさんがキャッチしたキハダマグロ

ヒットルアーはトレジャールアーズのハンドメイドルアー、イチサン。青乱Yさんといい、トレジャールアーズAさんといい自作ルアーでマグロとは、お二人ともカッコ良すぎます。

そしてまだ後ろでO君はファイト中w
腰と腕がやられたみたいで、誰かに支えてもらわないとダメな状態に。笑

みんなでO君のファイトを手伝いますw

みんなでO君のファイトを手伝いますw

「一人であげろよ!」なんて意識の高い声が聞こえてきそうですが、同船者の自分としては面白かったのでOKですw

みんなで変わりながらファイトして、キャッチしたのはなんとこの日最大サイズ!

O君がキャッチしたこの日最大の48キロのキハダ

O君がキャッチしたこの日最大の48キロのキハダ

48キロのキハダでした!O君バカにしてごめんなさい。そして初挑戦でこのサイズって釣りは本当に何が起こるかわからないですね。

キハダのヒットはあるもののキャッチならず

その後、キハダのナブラはまだありますが、ルアーへの反応が悪くなりバイトが極端に少なくなりました。

そんな中でもいい雰囲気のナブラに当たり、3人で投げると、またまたトリプルヒット!
しかし、僕とAさんはバラしてしまいキャッチならず。
残ったのはK君!さすが経験者といった余裕のあるファイトでガンガンキハダを寄せていきます。

K君のファイトシーン

K君のファイトシーン

先ほどのO君のファイトとは安心感が全然違い、これは船中全員キャッチ達成だと思っていましたが、この後痛恨のバラし。。。

結局これが最後のチャンスとなり、この後ナブラが消えてしまい、釣行終了となりました。

初めてキハダキャスティングに挑戦するにあたって

今回運良く初めてのキハダキャスティング釣行でいい状況の日にあたり、無事にキャッチすることができましたが、チャンスをしっかりモノにするために最低限の以下の練習は行いました。

  • キャスティング練習
  • ファイト練習
  • 太い号数の結び方の練習

キャスティング練習

オフショアのビッグゲームをやったことのない自分にとって、マグロを狙える様なタックルで釣りをするのは当然初めて。エアノットなどのトラブルなく安定して飛距離を出せるように、身近な堤防でキャスト練習をしました。

オフショアのキャスティングゲームは狭い船の上で複数人が針の付いたルアーを振り回す危険な釣りです。
投げる時にライントラブルして、ルアーがもし誰かに当たったら…と考えると、トラブル無く投げるキャスティングの技術はこの釣りに挑戦する上で絶対に必要。
目の前にナブラが広がった千載一遇の状況でも、余裕を持って投げれる様にキャスティングの練習はしていた方が良いと思います。

ファイト練習

これはYouTubeでプロアングラーの人のファイト動画で勉強した上で、実際に誰かにガイドを通した糸の先を引っ張ってもらって練習しました。
動画を見たいろいろなファイト方法を、実際に誰かに竿を曲げてもらって色々試しましたが、腕をまっすぐ伸ばして、ロッドのフロントグリップの一番上を持つと非常に楽だったので、これを意識しながらファイトすると、全然疲れることなくキャッチできました。

太い号数の結び方の練習

マグロ狙いで使うような太い号数のラインって普通の人はなかなか使う機会は少ないのではないでしょうか。
自分も普段の釣りではPE4号くらいまでを使うことが多く、なかなか6号とかを使う機会がなかったので、実際に使うラインでノット結束の練習は行いました。

せっかく掛けたのにノット抜けとか船長にも悪いですからね。
太い号数になると締め具を使いしっかり締め込んでおかないとすっぽ抜けということもあるので、注意が必要です。

タックル

キハダキャスティング用

ロッド:Expedition 83S / ZENAQ
リール:ステラSW 14000XG
ライン:PE6号+リーダー120ポンド
ルアー:ビーコン140 / ディークロー
ロッドはゼナックのエクスペディション83Sを使用。マグロを狙うロッドとしては少し柔らかいかなと思いましたが、全くそんなことはなく、30キロオーバーのマグロもするする寄せれました。
本来、遠征用3ピースのロッドですが、実釣におけるストレスもなく、非常に扱いやすかったです。

カツオ用

ロッド:Expedition 67S / ZENAQ
リール:ツインパワーSW 6000XG
ライン:PE3号+リーダー60ポンド
キハダがダメだった時のカツオ用に持っていきました。
結果としてキハダがいい状況だったので出番はありませんでしたが、このタックルがあれば、ライトキャスティング〜130gくらいまでのジギングまで対応できるので、本命が微妙な時のお遊びタックルとして使えそうです。

キハダのヒットシーンやファイトシーン

キハダのヒットシーンやファイトシーンはYouTubeにアップしているので、お時間ある方はぜひ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました