ゼナック スナイプ 86のインプレ ロックフィッシュからライトショアジギングまで

ゼナックのロックフィッシュロッド スナイプ86ロングキャスト。磯からキジハタのランカーサイズを狙うために作られたちょっと強めのロックフィッシュロッドです。
このロッドを使い始めてから2年とちょっと経ち、ロックショアの釣りはもちろんボートキャスティングまで使用してきましたので、インプレ記事を書きたいと思います。

スナイプ86 ロングキャストのスペック

長さ:8.6
ルアー:8〜40g
ライン:最大PE2号

スナイプ86の特徴は8.6という長すぎないレングスに40gまで扱えるちょっと強めのロックフィッシュロッド。
磯からハタ類を釣る様な凪の日に8.6のレングスで釣りをするのは本当に軽快で、リフトアンドフォールなどのロッド操作も非常にやりやすく、軽いので全く疲れません。
高弾性で好感度、高反発のシャキシャキしたロッドなのですが、これがフォールでロックフィッシュの当たりをとったり、食わせた後、一気に根から引き剥がさないといけなかったりとした時に本当に役に立ちます。
自分はどちらかと言うとティップが素直に入るマイルドなテイストのロッドが好きなのですが、スナイプ86を使ってみて、磯からロックフィッシュを狙うには好感度でフルキャスト着底後のバイトを感じられる、フッキング時に無駄にロッドが曲がることなく、しっかりと魚の口を貫通できる高弾性のロッドが向いているなと思いました。

スナイプ86の各シチュエーションでの使用感

磯からのロックフィッシュ狙い

スナイプ86で磯から釣ったアカハタ
スナイプ86は磯からのキジハタ狙いで開発されたロッドなので、キジハタを含めたハタゲームの使用感は最高です。
20〜40gの重さのシンカーをつけたワームをフルキャストでき、磯からのロックフィッシュで良くある様なフルキャスト着底後のラインが緩んだ状態のバイトも感じられることができます。また、程よくハリがあるため、フッキングでしっかりと魚の口を貫通させ、そのまま根から引き剥がすことが可能。そんな磯からハタ類を狙うのに求められる性能を突き詰めたロッドだと思います。
スナイプ86はロクフィッシュの狙い方の中でもスイミングメソッドという要はワームの巻きでのハタゲームを主な用途に作られた様ですが、非常に好感度のため、アカハタ狙いの小刻みなボトム攻めも行いやすく、スイミング以外の釣り方も高次元で対応してくれます。

スナイプ86に60gのメタルジグで釣ったキジハタ

スナイプ86に60gのメタルジグで釣ったキジハタ


時に沖磯などではフルキャストした先の水深が40メーター近くあり、潮も走って通常の40gシンカーのリグでは底が取れないこともあります。スナイプ86はロッドのルアーウェイトの表記はMAX40gですが、タラシを長めに取れば60gのリグやメタルジグでも割と普通にキャストすることができます。このタックルで使うPEが1.5号前後ということもあり、流れが早すぎて底が取れないという状況はなかなかないと思います。
※表記オーバーの重さのルアーのキャストは自己責任でお願いいたします。

ボートからのロックフィッシュ狙い

スナイプ86でボートからキャッチしたキジハタ
スナイプ86の8.6というそこまで長すぎないレングスはボートからのキャスティングで狙う浅場のキジハタゲームにも使い勝手が良かったです。
この日はキジハタの活性が低く、スイミングやボトムのリフトアンドフォールでは全く反応なし、ダート系のジグヘッドにスティック系のワームをつけてワインドさせると連発!と言う日だったのですが、ロッドにハリがあるためワインドも非常に行いやすかったです。

実はライトショアジギングに最高な件

スナイプ86でキャッチしたヒラマサ

スナイプ86でキャッチしたヒラマサ


ワインドを行いやすいと言うことは…そう!ジグも最高にしゃくりやすいです。きっとキジハタの口を貫通させるため、根から魚を剥がすために持たせたロッドのハリだと思うのですが、ルアーの操作にも生きている印象を受けました。
しかも長さが8フィート台と言うこともあり、普通のショアジギロッドでは数投で腕が疲れてしまう非力な自分でも、スナイプ86でジグを投げて動かし続けても全く疲れませんでした。
魚を掛けた後のロッドパワーも、しっかり曲がりながらも魚を浮かせてくれ、写真の70センチほどのヒラマサもキャッチすることができました。

ちなみにこのヒラマサはヒットシーンからキャッチのシーンまで録れていましたので、YouTubeにアップしております。お時間ある方は是非。

スナイプ86を使ってみたまとめ

キャストウェイトや感度、フッキング時のパワーなど磯からロックフィッシュを狙うにはこれ以上ないロッドだと思っています。
ロックフィッシュ狙いで磯に行く時はもちろん、青物狙いで磯に行く時も青物の反応が良くない時間に根魚を狙ったりと、サブロッドとしてこのロッドを持っていくと、本命がダメでも何かしら釣れて楽しめることが多いです。
ゼナック公式HPの写真ではタマンやスジアラ等もこのロッドで釣られているので、自分もこのロッドを使って磯からの様々な中型魚を釣ってみたいと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました