スポンサーリンク

明石で大サバ釣り!

明石の夏の風物詩、大サバ釣り

毎年8月に入ると明石界隈に40cm前後のサバが回遊してきます。

例年なら夜の電気ウキを使ってのエサ釣りが鉄板ですが、どうやら噂によると今年は絶好調らしく、ルアーでバンバン釣れるとの事。

 

まともなサイズのサバを今まで釣った事が無く、いつか大サバ釣りたいな〜と思いながら結局毎年行かずに終わってましたw

SNSでみんなの爆ってる様子を見て、今年こそ行こ!と思ってるとタイミング良く友人に誘われたので、出撃してきました!

 

初めてのサバ釣りでもメタルジグで入れ食い!

釣り場に着いてみると平日ということもあって案外人も少なく釣りしやすそう。

先に釣りを始めていた友人を見つけると既にファイト中!

話によると一投一回は絶対に当たるそうw

これはもろた!と思いながら、竿を借りてルンルンで準備を始める。

そう、今回は仕事帰りに手ぶらで釣りに来たのだ。笑

 

竿からルアーまで何もかも借りた道具で準備を済ませキャスト開始。

「一投で絶対釣れますよ!」と友人。笑

そうは言われても借り物のタックルなので、先ずはキャストの感触を確かめるために5分くらいの力でゆっくり投げる。

「どんな感じでアクションさせるん?」と色々教えて貰いながら感覚を掴めた所で、狙いのポイントへキャストし、教えてもらったやり方でジグをしゃくってるとガツン!

あっさり釣れた40センチくらいのサバ。身が分厚くてすごく美味しそうw

あっさり釣れた40センチくらいのサバ。身が分厚くてすごく美味しそうw

あっさり釣れたw

どうやら始めてサバ釣りに来て二投で釣れるくらいだから相当沸いてるようw

 

そこからも怒涛の入れ食い!

1キャスト1ヒットは当たり前。いい所に投げると1リフトアンドフォール1バイトはあるw

ただ、結構バレやすい魚のようで2.3匹掛けて上がってくるのは1匹くらいの打率でした。

40cm近いサバがメタルジグで連発!

1キャスト1バイトは当たり前!食い意地でどんどん魚を追加していきます。


それでも飽きるほど反応があるw

 

ひたすら釣り続けているとこんなゲストも。

少し引きが違うなと思ったら30センチ近い良型のアジでした。

少し引きが違うなと思ったらまさかの良型のアジ。噂によるとタチウオなんかも釣れてるそう。

瀬戸内じゃ珍しいデカアジ!尺行ったか!?と思って手尺当ててみるもギリ足りてなさそうでしたw

ちなみに20センチくらいのアジしか釣ったことのなかった自分にとっては自己記録!

いつも漁港で1gくらいのジグヘッドでちまちま豆アジを釣っている自分にとっては30gのジグでアジが釣れるというのが違和感ありありでした。笑

 

周りを見渡してみるとルアーマンはボコボコ釣ってるけど餌釣りの人は沈黙といった感じ。

というのもこの日は50メートルほど沖に潮目が出来ていて、それより沖ではガンガン当たるけど手前は全然と行った感じで、遠投できるルアーに分がある様な状況でした。

さらにフックに時々ベイトのカタクチイワシも引っかかってきて、それにサバが狂ってたのも良かったのかと思います。

 

下処理をしながらでも1時間ちょっとで食べるには十分すぎる量が釣れたので、これにて納竿。

 

絶品!サバ料理!

早めに釣りを切り上げて家に帰って来てからはこれまた楽しみなサバ料理。

f:id:fukuiyuta:20180816190514j:image

パンパンに身が詰まってて美味そうです!

 

刺身、炙り、味噌煮など色々な料理で頂きました。

足がはやいので普段はなかなか食べれない刺身や炙りも当然美味しかったのですが、中でも絶品だったのがこの味噌煮!
f:id:fukuiyuta:20180816190528j:image

これには勝てませんでしたw

塩焼きと炙りと刺身しか料理のレパートリーが無い自分でしたが、わざわざクックパッドを見ながら作った甲斐があったなと。笑

やっぱり食える魚は良いですね!

明石界隈で大サバを釣られた方、調理方法は味噌煮をオススメします!