スポンサーリンク

台湾でターポンのストリートフィッシング!

ルアーで色んな魚種を釣ることができる台湾。

今回は街中の川で気軽にできるターポンのストリートフィッシングについてご紹介させていただきます。

ターポンとは

f:id:fukuiyuta:20190225212458j:plain

 台湾で釣れるターポンはパシフィックターポンという種類で正式名はイセゴイ。

ターポンというと2メートルを超えるような大型種を想像する人もいるかもしれませんが、そちらはアトランティックターポンという種類で台湾で釣れるパシフィックターポンとは別種。

台湾の街中で釣れるターポンはアベレージサイズが30cmくらいなので、ライトゲームタックルやバスタックルで気軽に楽しむことができます。

台湾でのターポンのポイント

f:id:fukuiyuta:20190225000518j:image

ターポンは海水魚ですが、幼魚は川を遡上して汽水~淡水域で暮らしており、台湾の街中の川でごく普通に狙って釣ることができます。

グーグルマップの航空写真等でポイントを探す際に参考にしてほしいのは、水門など遮るものが無く、海と繋がっている川であること。

遡上力は案外高く、海からいくつか瀬を超えた完全淡水域でも釣れたことがありました。

その川にターポンが居るのかどうかを見極める方法ですが、これがめちゃくちゃ簡単(笑)

 居れば基本的にライズしていますw真昼間であろうとマズメとか関係なしに川のあちこちで流れてくる浮遊物?にひたすらライズしていますw

f:id:fukuiyuta:20190225220905j:plain

基本的にライズさえ見つけることができれば、どこでも釣れるターポン。

中でも一級のポイントが支流との合流地点や流れ込み。 

ターポンに限ったことでは無いですが、餌を効率よく摂るためにこういった流れの変化のある場所には数多くの魚が集まります。

ターポンの基本的な釣り方

f:id:fukuiyuta:20190225000633j:image

ライズしていればとにかくルアーへの反応が良く、小型ルアーであれば基本的に何でもOK!

フライフィッシングにおいても人気のターゲットらしく、気軽に狙えるゲームフィッシュとしての懐の深さが伺えます。

自分は次この釣りをすることがあれば、メバル用のルアー一式を持っていき、それぞれ魚の反応を見ながら釣りしてみたいなと思いましたw

数を釣りたいならジグヘッド+ワーム

とにかく数を釣りたい!という時に使っていたのが、1~2グラムくらいのジグヘッドにグラスミノーS等の2インチ前後のワーム。

これをターポンのライズに向かって投げて竿を立てて水面直下をふわふわさせるイメージで引いてこれば毎投のように当たりが出ました。

f:id:fukuiyuta:20190225000522j:image

1.5gくらいのジグヘッドに+ワーム(グラスミノーS)で釣ったターポン。

ターポンは口が堅いため、フッキングが難しく、掛かっても浅掛かりですぐにばれることが多いのですが、ワームだと口の中に吸い込まれやすい分フッキング率が多少上がる印象を受けました。

楽しく釣るならやっぱりトップウォーター!

基本的に魚が居れば水面にポコポコライズしてるので、もちろんトップウォーターにも出ます。

流れてくる浮遊物を食ってるので、ゆったりとしたアクションの方が良いのかなと思いきや、実際に反応が良かったアクションは割とアップテンポのドッグウォークでした。

f:id:fukuiyuta:20190225001746j:image

ワームと比べるとバイトの割に掛かりが悪いですが、自分が操るトップウォーターに食いつく瞬間が見えればやっぱり興奮しますw

ワームで数を釣って飽きてきたらトップウォーターに付け替えて魚のバイトを見て楽しむというの遊び方を僕はオススメします!

釣り初心者でも釣れる!

前回の台湾旅行は彼女同伴だったので、ターポンフィッシングを体感してもらいました。

高雄市内から地下鉄を乗り継いで適当な川に到着。

橋の上から覗くと一面中ターポンのライズ!これはもらったw

 

岸辺に降りて釣り開始。
f:id:fukuiyuta:20190225001731j:image

先ずは教科書通りのジグヘッド+ワームで。ライズがある近くに投げれれば簡単に釣れます。

ジグヘッドで何本か釣って飽きてきたのかポッパーにチェンジ。
f:id:fukuiyuta:20190225000504j:image
やっぱりなかなか掛かりませんでしたが、こちらでも無事にキャッチ成功!

毎投の様に水面が割れるので、出た!出た!って言いながら釣りしてましたw

まとめ

短時間でお気楽に楽しめるターポンのストリートフィッシング。

台湾を訪れる際にカバンにパックロッドを忍ばせて行き、空いた時間で釣りをすればきっと癒してくれますw

観光ついでにバラマンディ釣り堀に行ったついでに、街中の何気ない川を除けばターポンがライズしているかもしれません…