スポンサーリンク

岡山水路でバス釣り

大学で岡山で一人暮らしをしていて日々バスを釣りまくっているジン君。

この日はガイドをお願いして水路筋を案内してもらいました!

 

コウライニゴイ狙いからスタート

流水、止水、砂利底、泥底、三面護岸。様々なタイプの水路が無数にあり、水路ごとに生息している生き物も当然変わってきて、観察しているだけで楽しい岡山水路。

まず最初に案内してもらったのは流速がそこそこある砂利底の水路。こんな場所が好きな魚は…そう!ニゴイ!

ニゴイはニゴイでもここの水路のニゴイはコウライニゴイという少しだけ変わった特徴を持つ種類らしく是非とも間近で見てみたいお魚。

意外とルアーへの反応が悪く、少し苦戦しながらも何とかキャッチ!

 

f:id:fukuiyuta:20180523153320j:plain

コウライニゴイ!日本では本州西部に生息しているそう。

釣れました!コウライニゴイ!正直ニゴイとの違いがあんまりわかりませんw

 

f:id:fukuiyuta:20180523153255j:plain

ジン君も電信柱に身を隠してサイトフィッシング。

 

f:id:fukuiyuta:20180523153301j:plain

すぐ釣りました!流石!

f:id:fukuiyuta:20180523153304j:image

外見上の大きな違いは下唇が分厚いそうで、実際に見てみると確かに分厚いかも。

でも普段ニゴイ釣ってもそこまでまじまじと見ることが無かったのでピンときませんw

今までニゴイだと思っていたのが、コウライニゴイだったということもありそうw

鰓耙数という外側にあるエラの枝の数に違いがあるみたいで、ニゴイは12~18、コウライニゴイは19~25となっていて、この方法が一番確実な見分け方だそうです。

 

f:id:fukuiyuta:20180523153316j:plain

両種の違いについて今まであまり意識したことが無かったので、次からは注意して見てみようかと。

いずれにしてもニゴイは見つけたらついつい狙ってしまう釣魚として好きな魚です。


岡山バス捕獲!

コウライニゴイを釣ってから念願のバス狙いに。

水路を何か所か案内してもらいますが、え!?こんな所!?というような場所ばかり。

それでもバスの魚影は濃くて、よく見つけたな~と素直にすごいと思いましたw


f:id:fukuiyuta:20180523153312j:image

ジン君はスモラバで良いサイズをキャッチ!

 

自分も真似してライトリグで攻めてみますが、よー釣りませんでしたw

日没後、いつものビッグベイトに変えてガチーン!と
f:id:fukuiyuta:20180523153323j:image

久々のバスがハッチェリートラウト!痺れました!

できれば日中に釣りたかったw

 

締めはドブ川シーバス

最後はドブ川に移動してシーバス狙いに。

川まで案内してもらって車を降りてポイントを一目見て確信!これ釣れるやつやw

雰囲気は普段やってるような兵庫のドブ川といった感じ。ベイトは居ないが流れはそこそこで見るからに釣れそう!

その一投目。ガチーン!やっぱり。笑
f:id:fukuiyuta:20180523153308j:image

ランディングしてすぐにジンちゃんもヒットしてダブルキャッチ!
f:id:fukuiyuta:20180523153327j:image
大ブレ自撮りダブルキャッチ写真。

岡山河川のポテンシャル凄い!と思ったけど小場所だけに後が続かずこの二本で終了(笑)

 

淡水魚の宝庫岡山!ルアー釣りだけじゃもったいない!

二人で釣りするといっつもあんまり魚が釣れないんですが、岡山の豊かな水環境とジン君ガイドに助けられ、今回はそこそこ釣れましたw

釣りをしている最中、タナゴやハヤ等の数と種類の多さに驚いたので、次回はルアー釣りだけでなく、延べ竿とガサガサセットを忘れずに持ってきたいな~と。

最後に案内してくれたジン君ありがとう!