ガチーーン!!

魚釣りばっかりしてる大学生のブログです。

自作ビッグベイトでシーバスGET

今年に入ってから黙々と作り続けているハンドメイドルアー

実際作ってみて泳がせると、どれもポンコツで改良を加えたとしてもわざわざ実戦投入しようと思わないものばかり(笑)

 

今回作るのはサルモのスライダーやグライドハスラー、バスタージャークなどが有名なグライドベイトの類

これらは実際よく釣れるルアーであることは間違いないんだけど、どれも自分的には何かが不足しているような気がして、もうちょっとこうだったらなーとか思いながら使い続けてきた

そこで、自信を持って投げられるグライドベイトを自分で作ることに

 

まずは木削り

f:id:fukuiyuta:20170808121559j:plain

 削って投げて、削って投げての繰り返し

こういう時に色んなアイデアが出てくるので、普段シーバスルアーだけでなく洋物ルアーを投げてきて良かったと思う

しかし、なかなか思うような動きを出すことができず、トータルで10時間近くこの作業を繰り返したw

リップ付きルアーだと動きをリップに任せられるので、そこから調整していけばいいんだけど、リップレスのルアーはボディで泳ぐので、曲線の出し方ひとつで動きが全く別物になる

とりあえずシーバスのバイトがもらえそうなものが出来上がったので、塗装して実戦投入することに

 

 

塗装

別にしなくてもよかったんだけど、もし魚が釣れた時にできるだけ絵になるよう、かわいい系のカラーで攻めることに

f:id:fukuiyuta:20170808120210j:plain

いきなり完成!雑やけど

大好きな黄ホネカラー

もうこれは釣れたも同然w

すぐ投げたくなり、、、

 

ソッコーで川へ

釣り場に付いてみるとイナッコが時々ざわついており、悪くない状況

これはもらったと思いながら数投するも、ノーバイト

 

イナッコのサイズは見た感じ8センチくらいで、これを食ってるとすれば、ボリュームがあり、15センチ以上もあるこのルアーで反応をとるのはそんなに簡単じゃない

ここでむやみやたらに投げても魚をスレさせてしまうだけなので、イナッコの動きから魚が付いている場所を特定する

その場所にイナッコが近づき、逃げ出す瞬間にルアーを打ち込み、トントントンとジャークを入れ、水中で左右に飛ばすと

 

ガツン!

 

明確なバイトがもらえるも、ラインが持って行かれない

乗ってない?とか思いつつも、念のため一呼吸おいてフッキング

乗った!

 

足場は低く、いつもは抜きあげる場所

でも、これはバラしたらいかんとタモを出すも、テンパってシャフト全部伸ばしてもたり、掬おうとして滑って地面に落としたりでなんせテンパったw

その度、バレるんちゃうかとヒヤヒヤしたけどなんとかネットイン

 

f:id:fukuiyuta:20170808120234j:plain

足が震えて、初めてシーバス釣った時のようなうれしさがこみ上げてきたw

今まで何百本とシーバス釣ってきたけど、釣りたいルアーで釣れると初めての魚種を手にした時のような感動が未だに得られる

こんなんやからいつまで経ってもシーバス釣りやめられへんねん(笑)