スポンサーリンク

大阪湾キビレのズル引きルアーゲーム!奇跡の46センチのランカーゲットw

そろそろキビレの良い季節かなと思い、大阪方面の河川にズル引きゲームに行ってきました。

現地についてタイドグラフを見てみると、ちょうど大潮後中潮一日目の満潮付近でこれから下げ潮に入るところ。個人的にキビレ釣りでは下げ潮の方がいい思いをしたことが多いので期待できそうです。

 

大阪湾はキビレの宝庫

3g程度のジグヘッドにバグアンツという甲殻類を模したワームをセットし投げ始めるとコココッ!というキビレ特有のアタリが。

地元の姫路エリアでもズル引きゲームでキビレが釣れないことは無いのですが、大阪湾と比べると数が少ないため、こちらの魚影の濃さを味わってしまうとなかなか地元でやる気になれませんw

3投に1回はアタリがあり、やっぱり魚濃いな~なんて思っていると一匹目がヒット!

f:id:fukuiyuta:20180603105157j:image

乗らないアタリが多く苦戦しましたが、なんとか一枚目ゲット!


f:id:fukuiyuta:20180603105153j:image

一応物もちを撮ってもらいました。この後釣れない可能性があるのでw

 

と思えばリリース後の一投で釣れましたw
f:id:fukuiyuta:20180603105334j:image

似たようなサイズ。この日のアベレージサイズでした。多分これよりも小さい個体も結構いると思うんですが、今日使ったジグヘッドに乗りやすいサイズがこれ以上のサイズなんだと思います。

 

流れが効いてきて地合い到来か?と思うもそこから乗らないアタリが続きます。こんな時は竿先でちょんちょんしながらボトムから数センチ上を流れにルアーを乗せてふわふわさせるイメージでドリフトさせてくると乗るアタリが増える様に感じます。きっと底では無く、少し浮いている分キビレも吸い込みやすいんでしょうね。

水深、流速、ラインの太さに合わせた重すぎず軽すぎないジグヘッドの重さに設定すると気持ちよく流すことができます。

f:id:fukuiyuta:20180603115709j:plain

その攻め方で探っているとすぐに一枚追加。ズル引きのような小突くようなあたりでは無くいきなりガツン!と来ることが多いです。

 

46cmのランカー来たw

同じ攻め方でふわふわしながらボトムドリフトさせているとまたまたガツン!とこの釣り方特有のアタリ!

浮かせてきて抜き上げを試みるも重くて抜けないwライトで照らすと余裕の40センチオーバー。地面に寝っ転がるとギリギリ水面にボガグリップが届いたので無事ランディング。


f:id:fukuiyuta:20180603105325j:image

マチヌかと思いましたがキビレ!キビレにしては結構デカい!

 

f:id:fukuiyuta:20180603105214j:plain

アタリがあって即合わせをしたのにも関わらず丸呑み!ファイト中ラインを通してズルズルと嫌な感触が伝わってきてましたが、意外とリーダーはほとんどスレ無し。松田稔スペシャルのハリス凄いぞw

 

普段魚のサイズは測らない主義でメジャーも持ち歩いていませんが、これは気になる!友人がメジャーを持っていたので測ってみると…
f:id:fukuiyuta:20180603105329j:image

マジか!46cm!笑

キビレの日本記録が54cmらしく45センチ以上でも相当大きいそうw

今まで40センチくらいまでしか釣ったことが無かったので、このサイズとなるとマチヌみたいで違和感ありまくりでしたw

 

ジグヘッドだけでも多彩な攻めで楽しめるキビレゲーム

ふわふわボトムドリフトで当たらなくなったので、少しリフトを大きくしてリアクション気味に探って行くとフォールでガツン!と
f:id:fukuiyuta:20180603105342j:image

この釣り方もボトムドリフトと同様丸呑みされることが多いです。

 

友人がアジングタックルでやっていたので、自分も貸してもらって投げてみるとまたまた釣れました。
f:id:fukuiyuta:20180603105218j:image

ズル引きで竿の感度を確かめているとヒット。

 

この日は流れが速くなるにつれて当たるアクションがコロコロ変わるような感じで、3投して当たらなければ、違うアクションを試すというようにボトムドリフトやリフトアンドフォール、ズル引きを混ぜながら探って行くと数をそこそこ数を出せました!


f:id:fukuiyuta:20180603105203j:image

ピンポイントを攻める必要は無くボトム全てがポイント。2時間ほどの実釣でしたが途中ダブルヒットなんかもありなかなか楽しい釣りでした。