スポンサーリンク

メバルプラッギング用オススメルアーまとめ

12月に入りメバルの釣果もポツポツと耳にするようになりましたね。

自分のホームの兵庫の播州地域でも、まだ数は少ないながらも釣れだしました。

 

今回は近年ちょっとしたブームになってきているプラグを使ったメバル釣り、通称メバルプラッギングにおいて、お勧めのルアーを紹介したいと思います。

 

ナダ ビーグル

f:id:fukuiyuta:20171212111519j:plain

ナダ ビーグル

まずは釣れ釣れ系のナダのビーグルの浮くフローティングタイプ。

メインで使う場所は漁港の常夜灯下やテトラ周りなど。

このサイズのフローティングミノーのすごいところは写真のようないわゆる漁港サイズのメバルが容赦なくバイトしてくること。

ジグヘッドでしか釣れないと思っていたサイズが意外とプラグに食ってくるというのが驚きでした。

プラグでメバルを狙うとなると磯場等で大型狙いというイメージがあったんですが、このルアーを使ってみて考え方が大きく変わりました。

特に表層でアミを食っているライズに強く、少しでも潜らせると食わない。でもビーグルを浮かせておけば連発!といったことが何回もありました。

 

ティクト フロッパー38

f:id:fukuiyuta:20171212111758j:plain

ティクト フロッパー38

浮き上がりが早いので、投げてゆっくり巻くだけで水面直下のレンジをキープしたまま通してくることが出来ます。

流れが緩い場所であれば、水面を飛び出さない程度の早巻き、流れが効いている場所であれば、ドリフトさせるくらいの遅巻きで良く釣れました。

主に使う場所は漁港周りから飛距離が必要になってくるオープンエリアまで。

潮止まり、流れ無し、ライズ無しのような一見釣れる気がしない様な状況で、他のシンペンでは無反応、でもこのルアーに変えると連発!ということが何度かありました。

ソリッドボディ、38㎜と小粒なサイズ、パタパタとシンペンにしては少し強めなアクション、何が効いているのかはよくわかりませんが、メバル用のシンキングペンシルの中ではトップクラスに釣れるルアーの一つだと思います。

 

ジャッカル セイラミノー

f:id:fukuiyuta:20171212121516j:plain

ジャッカル セイラミノー

ジャッカルのセイラミノー。基本的にただ巻きで使うのですが、ノーアクションでスーッと泳ぐいわゆるI字系のルアー。

フォールスピードが遅いので、軽いジグヘッドを使うようなイメージで使うと良く釣れました。

シンキングペンシルのようなリップの無いプラグは引き抵抗をほとんど感じられませんが、このセイラミノーは口から水を取り入れてエラから水を出すハイドロホールという機構のおかげで引き抵抗を感じつつ巻くことが出来ます。

流れの変化を感じやすいなどのメリットはもちろんのことですが、風が多少あるような状況でもしっかりと水を掴んでくれることでラインテンションを掛けながら巻くことができ、ライントラブルに繋がりにくいという理由で愛用しています。

 

アイマ コモモ95スリム

f:id:fukuiyuta:20171212111848j:plain

アイマ コモモ95スリム

元はシーバス用のルアーですが、サスペンドに近い水に馴染む浮力設定、流れの変化でのもたつき、Max30cmと入りすぎないレンジから、これ絶対メバル釣れるやん!と確信し、投げに行ってみると非常に良く釣れたのがこのコモモ95スリム。

シーバスルアーとしては軽い方ですが、メバルルアーとしては重い方なので、ゴロタやサーフ等の飛距離が求められる場面でアピール重視で使うことが多いです。

基本的な使い方は泳がす事よりも漂わせることをイメージしてゆっくりとただ巻き。

始めはこんな大きなルアーでメバルが食ってくるの?と不安になりますが、ルアー二個分の20センチに満たないようなサイズのメバルでも普通に食ってきます。

メバル用の小さなルアーで釣るのに新鮮味が無くなった!少し変わったルアーで釣ってみたい!というような方にもお勧めのルアーです。