スポンサーリンク

マイクロベイトパターン。やっと来た!?

早春のメインベイトになるバチとマイクロベイト。

バチパターンでは例年通り2月の大潮から結構連れているイメージですが、マイクロベイトパターンはあんまりな感じ。

ここ数年であれば早い年では2月中旬になるとマイクロベイトと呼ばれるボラの稚魚がが川に入ってきて、それにボイルするシーバスも見られたのですが、今年2018年の冬は海水温が例年よりも低いらしく遅れているのか3月に入っても中々見られずにいました。

三日ほど雨が降り続いたので、そろそろ川に入ってくるんじゃないかと気になって川に行ってみました。

 

マイクロベイトパターンはボルデ96で

ポイントに着いてみて見渡してみるもボラ稚魚の姿はほとんど無しw

終わったw

とか思いながらもせっかく来たので釣りをしてみます。

ルアーはディークローのボルデ96。実はオリジナルサイズのボルデでもマイクロベイト付きの魚をリアクションで反応取れたりするので、ダウンサイジングした96ならもっと釣れるんじゃないかと思い試してみることに。

 

打ちながら歩いていくと開始15分程でトゥイッチでヒラを打たせて浮上させた時にガチーン!と下から食い上げバイト!

最近メバルとバチパターンのシーバスのようなバイトの繊細な釣りばかりしていたので、近距離でのバイト丸見えで手元にダイレクトに感触が来るこのアタリにびっくりしましたw

f:id:fukuiyuta:20180324105532j:plain

ボルデ96。背面が黒で横面が白のロールでの点滅効果が期待できそうなサッパカラーがお気に入り。

あんまり釣れる気していなかったので、嬉しい一匹。ちなみにこの魚、ファイト中にエラ洗いでマイクロベイトを吐きまくりましたw

どうやら目には見えないだけで、結構水中には居るようですw

 この日は短時間勝負だったのでこれにて上がり、また翌日行くことに。

 

微妙な時はミニカリで

翌日、夕方に行けばボイルしてるかも?と思い夕方に出撃。

目を凝らせば、マイクロベイトが水面に引き波を立てて泳いでいるのがちらほらと見えます。

しかし、潮が下げすぎたみたいでストラクチャー周辺は浅くなっており、シーバスは付いているか微妙な状況。もちろんボイルも無し。

この日は何時も苦戦するジンちゃんとの釣行だったので、とりあえず魚に触りたいと思って容赦なくメバルタックルでミニカリを使ってみるw

 

はいキターw

f:id:fukuiyuta:20180324105551j:image

キワを通すとあっさりとヒットwホンマにミニカリ最強ですw

f:id:fukuiyuta:20180324105602j:image

メバルタックルのアストラにミニカリ。見たらわかる釣れるヤツやん!

 

この後釣り方説明してジンちゃんにやってもらうもアタリは無し。やっぱり魚の量が少ない感じでした。

シーバス先に釣ってバチが当たったのかこの後行ったメバリングで一生乗らない病にかかり、僕だけボウズで帰りましたw