スポンサーリンク

バチ抜けシーバス。バチには色んな種類が居ることをご存知ですか?

毎年春になるとシーバスマンが挙って話題にする「バチ抜け」。

このバチ抜け、実はゴカイの種類によって時期やタイミングが違うのをご存知ですか?

今回はシーバス釣りの視点から大きく二つに分けてバチ抜けパターンについての時期やタイミング、釣り方等について書きたいと思います。

 

早春の大潮周りがチャンス!川のバチ抜けパターン

f:id:fukuiyuta:20180319131803j:plain

河川の下流域で大潮の満潮後にバチパターンの釣りをしている人はおそらくこちらのパターン。

この時に見られるバチのほとんどは「ヤマトカワゴカイ」と言われ、川の下流から河口の塩分濃度が1~2%の汽水域に生息しています。

このカワゴカイが生殖群泳を行う時期は1月~4月と言われており、シーバスのバチパターンが成り立つのは自分の地元の姫路では1月後半の大潮~4月前半の大潮くらいまで。2月~3月がピークのような気がします。もちろん年によって差がありますが。

このカワゴカイのバチ抜け、発生するタイミングは大潮の満潮から下げ始めの2時間ほど。場所によっては水面を覆いつくす程の数が見られますが、数時間経つと突然と姿を消してしまいます。

 

ゴカイの仲間は生殖群泳を行う際、泳ぎに適した身体の構造に形を変えるそうなのですが、このカワゴカイはあまり形態が変化しないそうで水中をゆっくりと漂うように遊泳します。

 

マッチザベイトが非常に大事なシーバス釣り、表層をゆっくり巻けるルアーで流れに身を任せて流すというのがこの時期のバチパターン攻略の最大のポイント。おすすめルアーはフィール。シンペンにしては比重が軽めなので流しやすいです。

 

 

晩春の日没後がチャンス!港湾部のバチ抜けパターン

大きく分けてもう一つが5月ごろに海に近い漁港などの港湾部で発生する港湾のバチ抜けパターン。

塩分濃度が高い港湾部には「オウギゴカイ」や「ツルヒゲゴカイ」、「アシナガゴカイ」等、様々な種類のゴカイが生息しています。それぞれ多少のズレはありますが、だいたい4月~7月くらいに生殖群泳するそう。

これらの種がほとんど同時期に生殖群泳を行うので、地合いは時と場所によってまちまち。カワゴカイと同様に大潮の満潮時に発生する種類も居れば、潮関係無く毎日日没後に発生する種類も居ます。

 

また海のゴカイはカワゴカイと違って生殖群泳の時に足がオールの様な泳ぎが得意な形態に変化するそう。

引き波を出しながらゴカイとは思えないスピードで泳ぎ回っているのがのが居ますよねw

 

この時期のバチ抜けパターンは複数種類のバチが同時に抜けるからか細身のシンペン系なら何でも食ってくるイメージです。特に引き波を出せるシンペン系が魚にも見つかりやすいのか釣れる気がします。オススメルアーははデュオのマニックシリーズ。かっ飛んで浮き上がりが速く引き波を出せ良く釣れます。

 

 

まとめ

大まかに分けて河川のバチ抜けパターンと港湾のバチ抜けパターンについて書いてみました。

晩冬から始まる河川と初夏まで続く港湾。やろうと思えば半年くらいバチの釣りができるんですねw

地合いも明確でサッと行けてサッと釣れるのもバチパターンの良いところ。

皆さんもバチ抜けパターンで数釣り楽しんでください!

 

www.fukuiyuta.com

www.fukuiyuta.com

 

 

ちなみに

釣り人はゴカイも含め多毛類の生殖群泳の事をバチ抜けと呼んでいますが、本来バチ抜けとはイトメの生殖群泳のことを指すそう。

このイトメのバチ抜けは11月頃の大潮周りに発生するようで、自分自身も過去に見たことはあるのですが、数もそこまで多くなかったので無知な自分は異常現象でゴカイが偶々泳いでいるだけだと思っていましたw

秋のバチ抜けパターン。こんな事も検証出来たら面白いなーと思います。